「タラ」(仮名) 性別:♂ (2014.3保護)


by RAIF_Fukushima

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

外部リンク

アクセスカウンター

検索

【11月2日の活動報告】原発被災地の葛尾村で給餌

「ぽこ」さんが連休中に行われた給餌活動の報告を掲載します!
                
                ***********
10月中旬にTNRを実施した、葛尾村へ給餌に行ってきました。
今回は天気も上々、紅葉もちょうどいい感じでした。
福島市のMattyさん、神奈川から「さしみさん」が参加。3人での給餌です。
a0318802_136697.jpg

▲葛尾村中心部。相変わらず除染作業が続いているので、やはり普段より交通量があります。

a0318802_1372170.jpg
a0318802_1381240.jpg

▲風越のポイント。この間TNRしてリリースした子は出てきませんでした。

a0318802_139963.jpg

▲犬4匹がいるお宅。老犬を除く3匹が道路傍で日向ぼっこしていました。私たちの車を見つけて、一番人懐こい子(右手前)が駆け寄ってきました。

a0318802_1395430.jpg

▲後ろ脚に注目!
 この子がこの家の飼い犬で、あとの3匹は震災後にどこからか来て居ついてしまったそうですが、家主もちゃんと受け入れてくれてるし、4匹でそれなりに仲良くやっています。ちゃんとドライフードはもらっているし、仲間もいるし、係留されずに自由に動けるし、寝床はあるし、犬としてはまあまあ悪くない暮らしかもしれません。
 
a0318802_1310396.jpg

▲S牧場。除染作業の車が通路をふさいでいたので、下に車を止めて歩いていきます。

a0318802_1311152.jpg
a0318802_13112965.jpg

▲いつも出てくる白黒の子は現れず。この子1匹だけでした。「さしみさん」が持ってきてくれた、鶏のササミがとっても好評で、猫たち、ウエットよりも好んで食べていました。

a0318802_13115460.jpg

▲葛尾村役場。役場機能は移転していますが、敷地内にはパトロール隊の基地もあり、そこでも居ついた猫に餌をあげてくれているので、挨拶がてらフードをサポート。すぐそばに見守り隊の詰所もあり、全村避難とはいえ、昼間人口はそれなりに多いです。

a0318802_13122242.jpg

▲パトロール隊の詰所で食べ物をもらっている子です。先々週、やはりここでフードをもらっていた別な子が、野生動物と格闘したのか、亡くなっていました。

a0318802_13124910.jpg
a0318802_1313621.jpg

▲夏湯地区のあるポイント。雨どいの下(写真上)と、庭(写真下)の空間線量。あまり低くはないですね。

a0318802_13132328.jpg

▲アケビの実

a0318802_13134910.jpg

▲母屋と反対側にある納屋の中に給餌しています

a0318802_13141567.jpg
a0318802_13142949.jpg

▲残されている子たちですが、住民の方は頻繁に戻ってきているので、大丈夫。
下の写真の子は「ラブちゃん」。行くとごらんのように飛び跳ねて喜んでくれます。この日はちょうど飼い主さんにお会いできましたが、毎日、ラブちゃんに会うために帰ってきているとか。
「飯舘あたりは帰宅は1週間に1回とか聞いているけど、俺はできねえ。犬がかわいそうだよ。冬になったら雪で来られなくなるから、仮設に連れて行くよ」
とのこと。

a0318802_13145997.jpg

▲除染作業中。雪が降る前まで行われるそうです。

a0318802_13151761.jpg

▲Mさん宅。納屋の上に給餌

a0318802_13153861.jpg

▲葛尾村の給餌ボラには有名なマリくん。先々週、飼い主さんと一緒だったときの笑顔はどこへやら、納屋に一人で閉じ込められて仏頂面。

a0318802_1316449.jpg
a0318802_13161821.jpg

▲トラくんの家も除染作業の真っ盛り。うるさくてイヤなのかなあ、と思ったら、ちょうど帰宅していた飼い主さんによると、「たくさん人が来るからうれしくて飛び跳ねている」そうです。

a0318802_13164126.jpg
a0318802_13165277.jpg

▲こちらは、普段は自由にさせてもらっているのに、除染作業の間、納屋に閉じ込められている面々。

a0318802_13171537.jpg

▲帰路、移が岳の夕景。

a0318802_13173442.jpg

▲当日の「福島民友」の記事。葛尾村の住民の帰還意志についてのアンケート。子育て世代の30代の村民の6割以上は「帰らないと決めている」そうです。たしかに、仕事もないなら帰っても仕方がないです。葛尾村、ホントウに何もないんです。田舎暮らしが好きなわけではなく、たまたま田舎に生まれ育った人が都会に慣れてしまったら。まして学校に通う子供がいたら。戻らないよなあと正直思います。

                 **********

ぽこさんのブログは、下記リンク先からもご覧になれます。
『ぽこ&けんいち通信』

◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2013-11-05 12:30 | 活動報告

カテゴリ

全体
お知らせ
ご挨拶
活動報告
ご支援いただきました
収支報告
医療費報告
保護っ子情報
里親さま便り
本日のにゃんこ
未分類

ご支援のお願い

最新の記事

福島被災動物レスキュー RA..
at 2015-12-31 00:00
ブログ引越しのお知らせです
at 2015-03-12 23:00
4度目の3.11を迎えて
at 2015-03-11 07:00
3/14(土)と29(日)、..
at 2015-03-09 22:40
【本日のにゃんこ】義経とソフ..
at 2015-03-08 20:00

以前の記事

2015年 12月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

その他のジャンル