「タラ」(仮名) 性別:♂ (2014.3保護)


by RAIF_Fukushima

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

外部リンク

アクセスカウンター

検索

【速報第2弾!】ジャパン・タイムズに掲載されました!(日本語訳付き)

先日の譲渡会の当日、「ジャパン・タイムズ」から3・11特集の一環としてご取材をいただけたのですが、本日紙面に掲載され、ネットでも配信していただけました!以下に紙面と記事を紹介させていただきます。

「ジャパン・タイムズ・オン・サンデー」Japan Times On Sunday
Vol.54 No.10 3月9日号


a0318802_18512653.jpg

▲新聞の1面(二つ折り)と、掲載された紙面です。センター見開きの下段、両面に渡って掲載されました!ありがとうございます!

ディア・ママの記事にもあった野外用カメラに写ったシャムミックスちゃんの白黒写真(この子は昨日保護できましたね!)と、以前当ブログでも掲載したイノブタちゃんご家族のカラー写真。分かっていただけますか?

a0318802_18543238.jpg

a0318802_18545228.jpg

▲こちらが記事です。「アニマル・キングダム」というタイトルで、RAIFの活動をとおして、原発避難地域に放置された犬や猫を保護する活動を紹介してくださっています。
いつもお世話になっている「猫の館ME」のKさん、RAIFメンバーの、もも@大阪さん、くろさん、そして代表のみーちゃんへのインタビューと取材により、記事を書かれていました。

a0318802_1905324.jpg

▲上記見開きの前のページ。今回の「311特集」の表紙です。あれから3年後、いまだに失われたものを探す努力が続けられている、とあります。


以下がネットのリンク先と、掲載記事ですが、くまっしーの写真などカラー写真もいくつか載せてくださっていて、キャプションもついてますので、ぜひリンク先の方をご覧ください!!

Japan Timesネット掲載ページ  ←ここがリンク先です

Fukushima: animal kingdom
BY JUN HONGO
STAFF WRITER

Kumassy is a cat. As yet he has no owner.

No one knows where or when he was born, only that he was found slinking through the damp, cold streets of Okuma in Fukushima Prefecture on Dec. 28 before being scooped up by what is likely to be the first human being he ever encountered.

After undergoing a thorough medical examination and spending several weeks adapting to his new life in captivity, Kumassy was taken to a cat cafe in Chiba, joining 16 other former strays from Fukushima Prefecture at an event that was organized to pair them with new owners.

Like many of the cats rescued from the restricted zones after March 11, 2011, Kumassy is “extremely wary of human beings,” says Kaori Iwasa, director of Cat Lounge Me cafe.

“As three years have now passed since the quake, many of the tragic memories have faded,” Iwasa says.

“However, there are still a lot of animals that have been left behind in the no-go areas and there are a lot of volunteers that are still trying to help stray pets,” she says.

“If all these volunteers were to quit tomorrow, many animals in Fukushima will die,” Iwasa says. “That is why I am willing to provide logistical support in any way I can.”

When residents were ordered to evacuate large swathes of the prefecture in the wake of the hydrogen explosions at the Fukushima No. 1 nuclear power plant, they were barred from bringing their pets. Approximately 5,800 dogs were registered as being in the government-designated exclusion zones on the day that residents were ordered to leave their homes. If other pets and unregistered canines are included, some estimates suggest that as many as 10,000 animals were left behind.

“We witnessed scenes that were beyond our imagination,” says Naomi Inoue, a member of nonprofit organization Rescuing Animals in Fukushima, when asked about her first visits back to the region after temporary visits were allowed.

“We saw frail dogs on leashes and cats inside homes. Some of them had already starved to death,” Inoue says. “We saw animal corpses everywhere.”

Many of the animals that managed to survive — including crows, cats, raccoon dogs, civet cats and what appeared to be a hybrid of wild boar and domestic pig — are now roaming in the streets of coastal towns in Fukushima.

“There aren’t that many stray dogs,” says Kuro, a member of RAIF who declined to give his real name. “I assume this is because most dogs were kept on a leash at their homes.”

Kuro visits the region most weekends. He carries 3 tons of pet food on each trip, leaving it behind for the animals to eat after he leaves the area.

He says that winters are particularly gruelling for animals in the prefecture, as food sources become scarce.

Cats rely almost exclusively on the food that RAIF leaves them — especially since their competition includes quicker crows and stronger boars.

RAIF is comprised of about a dozen core members and 60 volunteers who sometimes help out on trips.

RAIF teams have installed cameras to track the movements of abandoned animals.

Recorded images, footprints and traces of their excrement are used to track the pets’ movements. RAIF caught Kumassy in one such search.

“After a cat is caught, we spread the word among locals via our website. If an owner steps forward, we return the cat to them,” Inoue says.

Some people come forward and claim to be the owners, but say they are unable to take care of their pet anymore.

In such cases — or if an owner doesn’t show up after a certain period of time — the cat typically undergoes a medical check before spending about a month in seclusion and learning to become accustomed to humans.

The cats are then taken to foster homes before a new owner shows a willingness to take care of the animal.

“I’m sure the owners of these cats are sad to abandon their pets, and pray that their pet has been rescued,” Miyuki Arai, who heads RAIF, says in explaining the group’s motives.

If the government is unable to look after stray animals in the region, officials should at least spay and neuter the animals, she says.

Operating on an extremely tight budget, RAIF can only afford to keep 15 cats at a time.

On Feb. 22, the organization was able to pair Kumassy and three other cats found in Fukushima Prefecture with possible new owners.

For RAIF members, this means it’s time to head back to the prefecture and rescue the next batch of stray animals.

“Our project is never-ending,” Arai says.

Rescuing Animals in Fukushima is seeking donations to purchase cat food for pets left behind in the restricted zone in Fukushima. The group is also looking for foster families and new homes for rescued stray cats. For more information, visit raif.exblog.jp.


◆RAIFご支援者さまから日本語訳をいただきましたので、ご本人の許可のもと、以下に掲載させていただきます。
(* この翻訳文については、ジャパン・タイムズに文責があるものではありません。あくまでご理解の一助のため、ご参考までにお読みください。)
**********

くまっしーは猫である。飼い主はいない。

彼がいつどこで生まれたのか、誰もしらない。
わかっているのは、12月28日におそらく彼が初めて遭遇したであろう人間によって保護されるまで、寒い大熊町の路上で途方にくれひっそりと暮らしていたという事だけだ。

全てのメディカルチェックを終えた後、数週間は新しい環境に慣れてもらい、千葉にある猫カフェへと住処を移した。すでにいる16匹の同じく福島から来た元野良猫達と共に新しい家族を探す事になる。

猫カフェ キャットラウンジMeの担当者カオリ イワサさんによると、くまっしーはとても人間を警戒しているそうだ。それは震災後に立入り禁止区域より保護された他の猫たちもそうであったと。

震災より3年という月日が流れ、たくさんの悲劇が人々の中から忘れ去られようとしている。

「その一方ではまだまだたくさんの動物たちが取り残されており、たくさんのボランティア達が彼らのレスキューに向かっています。」とイワサさん。

「もし、これらのボランティアがいなくなってしまったら…たくさんの動物たちは死んでしまうでしょう。
だから私はできる限りの後方支援をしているのです。」

福島第一原発で水素爆発が起きた時、避難指示をだされた多くの住民たちは、ペットを同行する事を禁止されました。
当時おおよそ5800匹の犬が圏内にはいると行政に登録がありましたが、未登録の犬やその他のペットを含めると1万匹を超えるペットが残された事になります。

「それはとても想像を絶するものでした。」
RAIFのメンバーであるナオミ イノウエさんが一時帰宅の許可後、始めて現地に入った時の様子を聞かれた際の言葉です。

つながれたまま衰弱しきった犬や自宅内に残された猫。すでに餓死したものも多数いました。
たくさんの動物たちの死骸をあちこちで見かけました。

生き残った動物たち、カラスに猫に狸など、そして野生のイノシシと豚とのハイブリッド・イノブタは今も沿岸部で生息しています。

同じくRAIFのメンバー クロさんによると、野良犬はあまりいないそうです。
それはほとんどの犬たちが自宅につながれたままだったからではないかと推測されます。

クロさんは毎回3トン(*)もの給餌をしにほとんどの週末に福島を訪れます。

(*:RAIF単独では、1か月に3tの給餌をしています。)

十分な食べ物が確保できない冬場は特に動物たちにとっては厳しい季節となります。

ほとんどの猫たちはRAIF(のようなボランティアたち)の給餌によって命を繋いでいます。
彼らよりも早く餌を取るカラスや力が強いイノシシがいるからです。

RAIFは約12人からなる中心メンバーと60人程のボランティアメンバーによって構成されています。

RAIFでは現地にカメラを設置し、つねに動物たちの動きを追跡しています。

録画された映像と足跡、さらに彼らの排泄物などで動物たちの行動を把握し、こうしてくまっしーは無事捕獲されました。

捕獲が成功すると、まずはインターネットを使い地元の方へ情報を供給します。
もし飼い主さんが見つかった場合はお戻ししています、とはイノウエさんのお話です。

飼い主さんが名乗り出る事もありますが、継続して飼えない状況である事がほとんどです。

そのようなケースや、一定期間を過ぎても元親さんが現れない場合、一般的なメディカルチェックを受け約一ヶ月の隔離&人馴れ訓練をします。

その後フォスターホームに移り、里親さんを待つ事になります。

飼い主さんは皆、この子たちを置いていかなければならなかった事に深い悲しみを負い、どうか我が子が無事であるようにと祈っている事でしょう。とRAIF代表のミユキ アライさんは言います。

もし行政の手におえないのであれば、最低でも不妊去勢手術は公的に施すべきです。

厳しい予算の中、今のRAIFでは15匹の保護猫をケアするのが精一杯です。

2月22日には、くまっしー他3匹の福島からの保護猫たちに里親さんを見つける事ができました。

これはRAIFメンバーにとって、まだ取り残されている子達を再び保護し受け入れできるという事です。

「私たちの活動に終わりはありません。」とアライさんは言っていました。
(以上)


◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-03-09 21:00 | お知らせ

カテゴリ

全体
お知らせ
ご挨拶
活動報告
ご支援いただきました
収支報告
医療費報告
保護っ子情報
里親さま便り
本日のにゃんこ
未分類

ご支援のお願い

最新の記事

福島被災動物レスキュー RA..
at 2015-12-31 00:00
ブログ引越しのお知らせです
at 2015-03-12 23:00
4度目の3.11を迎えて
at 2015-03-11 07:00
3/14(土)と29(日)、..
at 2015-03-09 22:40
【本日のにゃんこ】義経とソフ..
at 2015-03-08 20:00

最新のコメント

シミズでございます様、ご..
by Yでございます(笑) at 22:14
姫夢ママさま、いつも応援..
by へっぴり腰のYです。 at 21:55
サザエでございます(≧∇..
by シミズでございます(笑) at 16:19
つくしちゃんにも、優しい..
by 姫夢ママ at 23:25
もと様 いつも温かいご..
by 給餌班見習いY at 17:46

以前の記事

2015年 12月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

人気ジャンル