「タラ」(仮名) 性別:♂ (2014.3保護)


by RAIF_Fukushima

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

外部リンク

アクセスカウンター

検索

カテゴリ:活動報告( 111 )

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

【活動報告】ぽこさん編-葛尾村 給餌活動(2014.10.25)

POCOさんは出張の多いお仕事の合間を縫って給餌活動を続けられています。
10月25日に葛尾村の給餌に行かれた時の報告を、ご自身のブログから転載してお伝えします!
どうぞご覧ください。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

10月25日、秋晴れの中、葛尾村へ給餌に行ってきました。

a0318802_177191.jpg

紅葉もキレイです

a0318802_1771480.jpg

除染作業は引き続き進められています。増え続ける無粋なフレコンバッグ。

a0318802_1772442.jpg

葛尾村中心部。除染作業の大型トラックが頻繁に行き交います。作業終了後の夕方には、村で唯一の信号のあるこの交差点で村史上初の渋滞まで起こります。

a0318802_177364.jpg

放し飼いの犬4匹が寄り付いている家。いつもは若犬3匹と老犬1匹というグループ分けなのですが、この日はこの茶色の犬と老犬が一緒。老犬を守るようにそばにいました。

a0318802_1774911.jpg

老犬はいつもこの納屋の中に隠れてしまうので、フードはデリバリーします。


除染作業員の方々も、犬たちを可愛がっていて、オヤツもくれるそうです。
「最近、ずっと茶色い犬が老犬と一緒だよ」
と教えてくれたのも作業員の方々です。


a0318802_178161.jpg

a0318802_1781413.jpg

▲S木牧場。鯖シロ、黒白、キジトラが出てきました。ほかにサビがいますが、この日は見かけず。

a0318802_1782815.jpg
 
a0318802_1783713.jpg

▲役場駐車場の中にある特別警備隊。ここは24時間体制で村のパトロールを行っています。猫3匹が寄り付いているので、フードを支援。


 来春の帰還に向けて役場も改修工事中。とはいえ、ここに映っている方も、

「戻んねえ。もう家も田村に買っちゃったし」

とのこと。白猫親子の飼い主さんも、

「便利な都会に出ちゃったら、みんな戻らないよねえ。特に年寄は病院とか買い物が大変だし。誰も住まなくなって、消滅するんじゃないかな」

と言っています。

 一方、猫のトラちゃんを残して避難しているN条さんは、帰る気満々。現在、自宅を改修中。
来春以降、除染作業が終わって避難指示解除されてから、村がどうなるのか。
除染の人もいなくなって本来の静かな村に戻ってからが正念場だと思います。


a0318802_1785240.jpg
 
a0318802_179468.jpg

▲除染作業と警察の基地。除染作業の方は1676名。空間線量は0.31μシーベルト/時


家老川のポイント。車を見かけるといつもチャトラくんがお迎えに来ます。

a0318802_1791666.png

待ちきれないニャン


a0318802_1792893.jpg

a0318802_1793811.jpg

茶トラくんとキジトラくん。兄弟ですかね

a0318802_1795351.jpg

三毛ニャン。かなりふくよかな体型

a0318802_171035.jpg

 ラブちゃんの家にも寄りました。飼い主さんとは会えず。ここの飼い主さんも、いわき市内に家を買ったそうで、葛尾の家は別荘的に使うそうです。

同居していた息子さん一家は千葉へ行ったきり。かわいい盛りの孫に会えないのがつらい、と毎度話してくれます。帰還困難区域ではないので、新しく家を購入するだけの保障はないそうです。

a0318802_17101483.jpg

F井さん宅。サビ猫だけかと思ったら、シャムMIXのような子がいました。

a0318802_17102641.jpg

個人宅の敷地も除染中

a0318802_17103685.jpg

都路の食堂に一人残されている「コータロー」。元気でした。
R288沿いにいるので、通る方は寄ってあげてください。ただし、慣れていないので触ったりはできません。私は帰りにここで荷物の整理をしたりして一緒にいる時間を作るようにします。

a0318802_17104691.jpg

a0318802_17105684.jpg


帰りに、三春町にある県の保護動物シェルターへ寄ってみました。
もとパチンコ屋さんを改装した機能的なシェルターで、すぐ横の空き地に猫の収容のためたくさんのプレハブが建っていたけれど、すべて撤去されていました。

被災地からのレスキュー活動はしていないので、受け入れ動物もいないとのことで、2014年9月末で業務を終了。保護していた動物は、飼い主への返還、里親への譲渡が済み、今は猫が30匹程度しかいないそうです。
 内部は見られませんでしたが、猫の部屋もガラス張りで外が見られるようになっていました。退去したあとはどうなるのかな。もったいないですね。


 今回も、「福島被災動物レスキューRAIF」さんに支援いただいたフードと、支援金で購入したフードを使わせてもらいました。ありがとうございました。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ぽこさんの記事は、次のリンク先からもご覧いただけます!
「ぽこ&けんいち通信」
http://blogs.yahoo.co.jp/pocoyuko2006/56499715.html



◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
-----------------------------------------------
★今年最後の... ★
RADAC定期犬猫里親会
11月23日(日)13:30~16:00
JR川崎駅「さいわい会館」
◯ 場所:神奈川県川崎市幸区幸町2-693-17
 川崎駅徒歩7分
のんちゃんとちーちゃんが参加! 
★詳しくはこちらへ http://raif.exblog.jp/20387950/
▼「さいわい会館」への地図と詳しいアクセス先
http://radac.net/logos/accesstosaiwaikaikan.pdf



[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-11-22 20:30 | 活動報告

仔猫の保護のお知らせー【ディア・ママの活動報告】

先週末の給餌活動で保護できた子猫2ニャンのご紹介が遅れて申し訳ありません。

気温が低く零度近くになりそうだった先週の8日、ディア・ママとシミズさんチームで給餌活動に入っていたところ、子猫たちは周囲に母猫が見当たらない状態で必死に鳴き続けていたということで、保護依頼の連絡をして下さる方がいました。

駆けつけて捕獲器を仕掛けたところ、2ニャンとも無事入ってくれていて、保護することができました。


キキ 左:男の子、サバ白
ララ 右:女の子、キジ白

a0318802_09044346.jpg


この子たちが乗っているのは、女性の手の平なんですよ!
本当にまだちっちゃ~~い、カワイイ仔たちなんです。( *´艸`)

ディア・ママが既にこの件について記事をアップしていますので、保護時の状況を転載してお知らせいたします!


★今回は一部ダイジェストして掲載させていただいていますので、元の記事はこちらからご覧ください。
【心はいつも一緒 ~福島のあの子達とともに~】
★★★★★★★★★★★★


早朝から活動を開始しました。

今回も保護依頼宅へ捕獲器の設置からスタート。

a0318802_22532490.jpg


今回は閉鎖予定地などにも入るので、ここのお宅には2台の捕獲器を設置しました。



前回、給餌場所を屋内から屋外に移動したポイントはなんとか無事でした。

a0318802_2253545.jpg



くろさん」が、ネジで固定してくれた給餌ボックスも無事でした。

a0318802_22541312.jpg


この給餌ボックスの出入り口に掛かっているタオルは、カラス除けだけでなく除湿効果も期待できます。

ただ難点は、タオルが直ぐに汚れてしまうこと。

もしご家庭に不要のタオルがございましたら、ぜひ、この活動に使わせてください。

(お問い合わせはRAIFまで。メールにてお願いいたします。 raif.fukushima@gmail.com




前回発見し埋葬した「名も無き子」のお墓に「シミズさん」が手を合わせてくれました。

(「名も無き子」についてはコチラ http://ameblo.jp/happycat-satuki/entry-11948008979.html  )

a0318802_22543245.jpg


この子がこの世に生を受け立派に最期まで生きていたことを…

この子を想い涙を流して祈りを捧げてくれた「シミズさん」に感謝いたします。




時間となり中の世界へ。

まずは国有化にともない閉鎖予定エリア・住民様からの保護依頼宅・ガリガリ猫さんの目撃場所など数か所に捕獲器を設置しました。

a0318802_22545979.jpg

あと何回ここに来れるのか…

a0318802_22551515.jpg

間に合って欲しいと願い設置していきました。





時間となったので捕獲器の回収をしましたが、今回も入って貰えませんでした。



その後、外の世界の給餌の続きをしていると…

東日本大震災復興支援団体「元気魂JAPAN」の代表の「太郎さん」から電話が入りました。

除染作業現場近くで子猫さんが2匹鳴いているので保護してあげて欲しいと緊急保護依頼でした。

すでに朝晩は1桁台前半の気温となっているので子猫さんだけでは凍死してしまうので保護するため、急いで現場に駆けつけ捕獲器を設置しました。



全ての給餌ポイントを回り終え最後に子猫さんポイントの捕獲器を回収しました。


で、結果は


a0318802_22554820.jpg


2匹寄り添って入ってくれていました!!


周辺を確認しましたが…やはり母猫さんの姿はなし。

母猫さんも自身が生きていくのがやっとはずなので、このまま保護することにいたしました。


◆仮名「キキ」 ♂ 生後2か月位 エイズ白血病共に陰性

a0318802_2256722.jpg

a0318802_22562242.jpg

a0318802_22564428.jpg


・柄ーサバ白 (長毛かも)
・瞳ーたぶんイエロー(まだこの月齢なので安定していないため変わる可能性アリ)
・尻尾ー長くて真っ直ぐ

保護後、血液検査・爪切り・ノミとり・検便済み
まだ幼いため、去勢手術とワクチンはしていません。

この子を保護したエリアは「人名シリーズ」なので、この子の仮名は「キキ」としました。
妹の仮名は「ララ」で、「キキ」と「ララ」にいたしました。
出来ればこの兄妹がこれからもずっと一緒に猫生を過ごして欲しいと願いを込めました。

捕獲器の中で「ニャー! ニャー! 」と可愛い声で鳴いていました。
手の温もりで安心したのか眠たそうな表情をして寛いでいました。
人馴れは早いと思います。



◆仮名「ララ」 ♀ 生後2か月位 エイズ白血病共に陰性

a0318802_22571641.jpg

a0318802_22572912.jpg

a0318802_2257439.jpg


・柄ーキジ白 (長毛かも)
・瞳ーたぶんイエロー(まだこの月齢なので安定していないため変わる可能性アリ)
・尻尾ー長くて真っ直ぐ


保護後、血液検査・爪切り・ノミとり・検便済み
まだ幼いため、避妊手術とワクチンはしていません。


この子を保護したエリアは「人名シリーズ」なので、この子の仮名は「ララ」としました。
兄の仮名は「キキ」で、「キキ」と「ララ」にいたしました。
出来ればこの兄妹がこれからもずっと一緒に猫生を過ごして欲しいと願いを込めました。

最初は初めて見る人間に驚き固まっていましたが、「シミズさん」に向かって「シャー!」していましたw
キトン用のウェットフードを差し出すとパクパクと食べてくれました。
意思表示をちゃんとする小さいながらも女の子らしい子猫さんです。

a0318802_22581616.jpg


食欲旺盛です!!


a0318802_22584345.jpg

帰りは、温かい車内でぐっすり眠っていました


今回は、現地で作業されている方達との連携により、「キキ」と「ララ」を無事に保護が出来ましたことに感謝いたします。

これからも情報の共有と連携をしていき、"あの子達"を守っていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。

また、今回も、「ケビン(仮名くろまめ)」の里親様である「Sご夫婦さま」に動物病院への搬送をして頂きましたこと、深く感謝いたします。


★★★★★★★★★★★★


キキとララは、上述のようにまだ仔猫すぎてワクチンも打てなかったため、病院には入院せずSご夫妻宅に一時預かっていただいておりました。この後の行先については、またこちらでご報告させていただきます!


また、一部割愛させていただいたのは、富岡町で原発による被災をした牛たちのための牧場を続けている松村直登氏を訪れたエピソードですが、牧草が枯れてくる季節を迎え、牛たちに食べさせる牧草の支援を今後求められることが予想されています。

その時には、こちらでもご紹介させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。



◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただいま、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。

[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-11-16 20:00 | 活動報告

【活動報告】POCOさんのペットレスキュー報告会

10月に告知させていただいた、POCOさんのペット・レスキューを語る講演会!(←告知記事は、こちらをクリック!)。

POCOさん自身によるご報告がありましたので、ブログから転載して紹介させていただきます。^^

++++++++++++++++++++++++++


10月18日(土)、長野県松本市の楽蔵カフェ ぴあので、福島と原発被災地のペットレスキューの話をさせていただきました。
会場は喫茶店の1階なのでスペースも小さく、来場者も10数名でしたが、獣医さんや動物愛護団体でボランティアをされている方なども来てくれて、熱心に聞いてくださいました。

a0318802_1650219.jpg


「楽蔵ぴあの」では定期的にいろいろなイベントをやっています。
写真を取り忘れましたが、古い蔵を利用したお店はなかなか素敵です。
松本マダムたちがお茶を楽しんでいましたよ。


そんな喫茶店の1階を利用しての報告会。
もっと見やすく、わかりやすく伝えなければ、と課題を残しつつも、手ごたえも感じました。今後も、この規模の報告会を地道にやっていきたいと思います。
震災直後からのペットレスキューのことだけじゃなく、震災から今まで福島では何が起こっているのか、福島の真実を住民目線でお伝えします。

a0318802_16504654.jpg


 大勢の前だと緊張しますが、マイクを使わずとも声が届く小さな会場ならなんとか話せました。

 これは、我が家の地割れ状況。福島は津波や原発事故ばかりクローズアップされているけど、地震の被害も相当なもので、中通りの町はかなりやられたんですよ。我が家も傾いて大規模半壊しました。両隣の村では、ダム決壊や山崩れでどちらも10名近くの方が亡くなりました。


a0318802_16511920.jpg

「楽蔵ぴあの」の元子ママと。明るくて素敵な方でした。なんか、私と似ている?

松本のお話会のあとは、主催者の方の山荘に泊めていただきました。
主催者の方というのは、以前、仕事させていただいていた、オフロードバイク雑誌「BACK OFF」の編集長。大学の先輩でもあります。東京での編集職を辞めて松本へ本拠を移して、自分で事業をやっています。その頃、編集部員だったK氏も、長野市に移住していて、この日も来てくれました。

 東京の編集部で夜中も作業していた90年代。バイクの仕事で全国あちこち行かせていただき、忙しかったけど楽しい時間を過ごさせてもらいました。
 全国の林道を調査して回ったこともあったなあ。実を言うと、その頃、調査した林道を、ペットレスキューで福島の警戒区域にゲリラ侵入する際にずいぶん利用させてもらいました。趣味が意外なところで役に立ちましたねえ。


報告会翌日、上田市郊外に住む友人に数年ぶりに会いに行きました。
動物保護関係ではなく、仕事を通じて知り合った方なのですが、最近は崩壊したブリーダーから犬を引き取って飼ってくれているとのこと。こうした意識を持ってくれる人が増えるのは、うれしいです。


a0318802_1652120.jpg

ルイちゃん。狂犬病やワクチンを自分たちで打って摘発されたブリーダーから引き取ってきた子。

a0318802_16555864.jpg

こちらは最近やってきた、デルちゃん。軽井沢のブリーダー崩壊現場から来た子です。現場はひどい状況で臭いもすごかったそうです。救い出してくれてありがとう。ブリーダーは「まだ売れるから」となかなか所有権を放棄しなかったそうです。命ではなく、商品としか見てないんですね。


 福島の被災地だけじゃなく、こうしたブリーダー崩壊や地域猫問題も大変です。動物好きな人が少しでも行動すれば改善されるのになあ。


【今回の報告会で寄付をいただきました】
寄付金 7000円 + チャリティグッズ売り上げ 6300円=(合計)13300円

被災地での活動に使わせていただきます。ありがとうございました。



++++++++++++++++++++++++++

ぽこさんの記事は、次のリンク先からもご覧いただけます!

『ぽこ&けんいち通信』
http://blogs.yahoo.co.jp/pocoyuko2006/56498174.html


◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただいま、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-11-11 22:00 | 活動報告

【この週末の活動報告】1ニャン保護、そして先週の子の追加ご報告

この三連休ですが、ディア・ママとくろさんが被災地に給餌に入りキジ柄の女の子1ニャンを保護することができました!


a0318802_1625516.jpg

このコは、いまも諦めずに飼い猫を探す被災者様からの依頼を受け、保護を試みたポイントにいた子です。
依頼の子は残念ながら今回は保護できませんでしたが、この子が捕獲器に入っていてくれたので、RAIFの保護っ子としてお世話や里親探しをしていくことになりました。

仮名は「ねね」です!
現在保護後の駆虫、血液検査、ワクチン等のため、動物病院に入院中です。

詳しいことが分かりましたら、こちらでご報告させていただきます!


★★★ ★★★ ★★★


そして、先週10月25日に保護できたキジ柄の仔猫さん。同じキジ柄で紛らわしい(?)ですが、こちらの仔の仮名は「楓(かえで)」となりました。
a0318802_16402291.jpg

▼「つかまっちった~・・・くすん・・・。ママ~・・」
a0318802_16403716.jpg

このコは、前回保護時にもお伝えしたように、牡丹ちゃん(まだ1歳未満とはいえ出産の形跡があった)と同じ保護ポイントで保護したことや、身体的特徴に共通点があり、お顔の感じもとてもよく似ています。

一緒に親子として歩いていたのを目撃したとか、同じお家で生活していたなどという裏付け証拠があるわけではなく、医学的に立証されたわけでもないのですが、通いなれたボランティアたちの現場の実感からも、恐らく間違いなく牡丹ちゃんのごく近縁の子と思われ、可能性としては牡丹ちゃんの子供であることも充分疑えるということで、とりあえずRAIFでは、「牡丹ちゃんの子」(推定)として扱わせていただくことにいたします。^^


◆楓(かえで)(仮名)※下の2つの写真の仔猫
・茶系キジ柄、背中が薄いアビシニアン風、メス♀、
・尻尾は長くてまっすぐ。瞳はグリーン&イエロー、
・エイズ(-)、白血病(-)、
・推定年齢:生後半年ちょっと

保護後、血液検査・ワクチン・避妊手術・駆虫・爪切りなどケア済です。

保護時は全身ゴツゴツでしたが、捕獲器からケージに移って貰った時に触れ、手からササミも食べてくれたそうです。

現在、搬送をしていただいたS様宅に一時的にお預かりいただいています。
すでに撫でるの全然OK!という、牡丹そっくりの^^;キャラ&人馴れ度(?)のようです。

今後が楽しみ~~

また続報が入りましたら、ご報告させていただきます!

どうぞ、この子たちのことを、よろしくお願いいたします。m(__)m




RAIF カレンダー2015(卓上型・リングタイプ)
1部 850円(送料込み)
a0318802_11070.jpg
<予約受付中!>
コチラの記事からお申込みください!▶ カレンダー予約開始!

お申込み専用メールアドレス:
raif.calendar@gmail.com
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-11-03 17:15 | 活動報告

【活動報告】牡丹の子??1ニャン保護できました!

この週末、ディア・ママとシミズさんが福島に給餌に入りましたが、給餌中に弱った仔猫を発見して、無事保護できたとの連絡がありました!

幾つかの特徴から、牡丹ちゃんの子供ではないか...ということです。
牡丹ちゃんも保護時まだ仔猫でしたが出産を経験した形跡があり、しかしもう授乳が終わっていたことがわかったので、フリーにせずそのまま保護したという経緯があります。

ディア・ママがFacebookに投稿した記事を、以下に転載させていただきます。

★★★★★★★★★★★★★★
a0318802_16255130.jpg
【見つけてあげられました】

愛する保護っ子が、過酷な環境下で生み育てた子。

生きているなら、助け出してあげたいと願っていました。

本日、その願いが1つ叶いました。

やっと見つけてあげられました。

待たせて、ごめんね。

さあ、一緒に帰ろう。

a0318802_15525010.jpg
★★★★★★★★★★★★★★

今回も、動物病院への搬送は、ケビン(くろまめ)の里親様Sご夫妻にお願いしています。S様、いつも本当にありがとうございます!

検査結果等の詳細がまた分かりましたら、ご報告させていただきます。m(_ _)m


◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-10-26 20:50 | 活動報告

横浜での「RAIF写真展」最終ご報告♪

すっかり遅くなってしまいましたが、先月末横浜で行った「RAIF写真展」について、収支報告も兼ねた当日会場のご報告をさせていただきます。


★★★★★★★★★★★★★★

a0318802_21523876.jpg

横浜にて9月28日(日)~9月30日(火)の3日間行われました「RAIF写真展」ですが、連日80名以上のご来場者があり、既報のように3日間合計では望外の254名の方にお越しいただくなど、盛況にて終了致しました。

9月28日の初日、午前中30名、午後50名程の来場者がありました。
親子連れ、おひとりで、ご友人と、近くの飲食店の方、年齢層も様々でした。
中には涙を見せられる方も・・・

a0318802_21533234.jpg

a0318802_21534397.jpg

特に初日は、今回の写真展で写真を提供してくださりご自身も福島に給餌に行かれているPOCOさんが朝から夕方までいてくださり、ご来場者の方に写真をみながら当時の様子、現状の様子などを説明して下さいました
ありがとうございます\(^o^)/

夕方にはディアママも来たんですよ。

▼こちらは、ディア・ママが1か所のポイントで給餌に使うフードのディスプレイです。1回の給餌には、30~50か所のポイントを回るため、この30倍~50倍を車に積んで回ります。
a0318802_21535884.jpg


バジルとミントの里親様もお友達とご一緒に来場して下さいました♪ ありがとうございました。

写真展は福島の被災地の状況写真と、里親募集中の保護っ子、里親様のおうちで幸せに過ごしている子達、そしてきなこ(にゃんこママ)の写真を展示いたしました。

▼「きなちゃん、ありがとう」のコーナー
a0318802_21583628.jpg


可愛い猫グッズも販売しました(^-^)
毎回の事ながら好評でした。(個人的には黒ネコさんのクッションを買わなかった事、大後悔~~)

a0318802_2214535.jpg

こちらの原価を差し引いた収益は全て活動費とさせて頂きます。Yさん、いつもいつも可愛い猫グッズをありがとうございますm(_ _)m

そうそう、スタッフへの差し入れも頂きました。(写真を撮る前に食べてしまった差し入れ多々・・・(^_^;)すみません(>_<))
ありがとうございました。

また、静岡から直接写真展会場に支援物資(保護猫用ドライフード、給餌用ドライフード、パウチ、焼きがつお)をお届け下さいましたY様、お忙しい中本当にありがとうございました!

ご来場者の方から、「知らなかった事が恥ずかしい・・・」、「知ってよかった」、「自分で出来ることをやりたいと思った」といった声をお聞きしました。

まだまだ”終わっていない”ことを知ってもらうために開催した写真展。
ひとりでも多くの方に知って頂けたら、「何かしよう」そう思って頂けたら、開催した意味があったと思います。

ご来場して頂いたすべての方に感謝致します。
ありがとうございました。


最後に、写真展3日間の収支報告をさせていただきます。

【収入】
物販売上     98,720円
寄付金       72,820円
計         171,540円

【支出】
会場費       16,680円
物販商品原価支払 61,871円
計        78,551円

3日間の収益は92,989円となりました。

こちらは集計後RAIF口座にご支援金として振り込ませていただき、また、多くの写真を提供していただいたPOCOさんと、協力関係にある個人ボランティアのみやさん(写真展でも彼女の保護活動を写した写真を、許可をいただいて展示しました。)に、今回のご支援金の中から被災地の給餌用フードを提供させていただきました。

いただいた貴重なご支援金は、保護活動と保護猫のために、大切に使わせていただきます。

多くの方にご来場いただき、お話をしお伝えし、こうしてご支援金もいただく中で、改めて本当に身の引き締まる思いで、終了することができました。
ご来場、ご協力いただいたすべての方々に、心から感謝申し上げます。


写真展実行委員長YUMIKO、
みぃむぅ、RAIFスタッフ一同

★★★★★★★★★★★★★★★
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-10-12 22:30 | 活動報告

白茶の子1ニャン保護できました!+写真展終了報告

9月29日(月)、再度福島入りしたディア・ママが、帰還困難区域でパステル茶シロの男のコ1ニャン保護することができました!ディア・ママ自身によるご報告の記事を以下に転載させていただきます。

そして、その記事の前に、昨日30日(火)に、横浜での「RAIF写真展」を無事、無事故で終了することができましたことも、ご報告させていただきます。m(__)m

会計処理がまだ終わっていませんので、詳細は後日改めてご報告させていただきますが、3日間で望外の254名の方にご来場いただき、この活動を初めて知ってくださったという方も数多くいらっしゃるなど、開催して本当に良かったとの思いを強く持つことができました。

ご来場いただいた皆さま、情報拡散などにご協力いただいた皆さま、また、当日会場運営などにご協力いただいたボランティアの皆さま、皆様のお蔭をもちまして、大成功で写真展を終えることができました。

心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

a0318802_20501032.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
以下が、ディア・ママからの、保護成功のご報告です!!

【心はいつも一緒 ~福島のあの子たちと共に~】
「ただいま 20140929」
 http://ameblo.jp/happycat-satuki/page-2.html

今朝、無事に福島より戻りました。

今回は、帰還困難区域で猫さんを保護できました。

a0318802_20181714.jpg

a0318802_20182840.jpg

冬が来る前に保護できて良かったです。

皆さまが託してくださった「美味しいご飯」が、この子の命を繋いでいました、ありがとうございます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

このコにはモカ」という仮名を付け、今回もケビン(仮名:くろまめ)くんの里親S様ご夫妻に病院に搬送していただきました。現在検査・去勢手術等の初期治療のため入院中です。

以上、それぞれ簡単ですが、ご報告させていただきました。
これからもできることをメンバー一同力を合わせてがんばってまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。m(__)m

---------------------------------------------------------
◆RAIFの保護猫さんたち一覧は、こちらをご覧下さい。→ http://raif.exblog.jp/19171847/
◆外部リンク「ペットのおうち」(RAIF里親募集中の子一覧)はコチラ→ https://www.pet-home.jp/contribute_user_139450/
◇お問い合わせ先 raif.fukushima@gmail.com
---------------------------------------------------------
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-10-01 20:50 | 活動報告

この週末の活動報告(写真展、1日目です)追記あり

今週末はディア・ママが1人で福島被災地に入り、給餌活動を行いました。先週・今週とも、残念ながら保護の方はできませんでした。

また、横浜での写真展、本日が初日でした!
短期間での告知で、ほとんどネットのみの広報だったにも関わらず、80名ほどの方々にご来場いただけたとの報告を受けています。
足を運んでくださった皆さま、本当にありがとうございました!m(__)m

a0318802_22294083.jpg

a0318802_22303031.jpg


以下、facebookにて掲載したRAIFスタッフからのご報告です。
******************

初日の本日は80名程の方にご来場頂きました。
寄付を下さる方、猫グッズをご購入頂く方もたくさんいて、ありがとうございましたm(__)m

そしてなにより来場された方おひとりおひとりがひとつひとつ丁寧に写真とコメントを見て下さっていました。
なかには涙を流されている方もいて。
ご来場して下さった方々に何かが伝われば写真展をやった意義があります。
何かを感じた方が周りの方に伝えて頂いてそれぞれに今、自分の出来る事を考えて行動してもらえたらそれだけでも今の現状を変えられる気がします。
写真を提供してくれたぽこさんが今日は朝から夜まで参加してくれて写真を見ている方に説明もしてくれていました。
ぽこさんお疲れ様です。ありがとうございました。
夕方にはディアママも来ました。

明日も10時ー20時で開催しております。
明日は平日の為スタッフも最少人数になりますが皆様のご来場お待ちしております。お時間ある方はぜひお立ち寄り下さい。
by RAIFスタッフ・みぃむぅ

*****************

明日からは平日になりますが、9/29(月)、最終日の30(火)とも、夜8時まで開催しています。

横浜方面の方、お昼休みやお仕事帰りに、ぜひお立ち寄りくださいませ。(^O^)/
もちろん、横浜以外でも主婦の方、学生さん、月火がお休みの皆さま、足を伸ばしてお越しいただけましたら、幸いです。m(_ _)m
以上は速報ですが、後日改めて、会場からのレポートをご報告いたします。

どうぞよろしくお願いいたします!



◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-09-28 23:30 | 活動報告

【9/13の活動報告】ぽこさん編-「福島被災動物レスキュー活動@富岡町」

ぽこ(POCO)さんが、先週の土曜日(9月13日)に富岡町で行った給餌と保護活動をさっそくご自分ブログで報告されています。ディア・ママやシミズさんもそれぞれ記事にされていますが、今回はこの、ぽこさんの記事を転載させていただきます!

*********************


先週の土曜日、原発被災地の富岡町へ。帰還困難区域の住民からの依頼です。

a0318802_21595785.jpg

楢葉町の拠点で、シミズさん&ディアママさん組と待ち合わせ。ここの住民の方は自分の犬猫だけでなく、近所の猫たちにも餌をあげてくれています。シミズさんがマリコの散歩をしてあげたら、満面の笑顔

a0318802_2201462.jpg

富岡町の帰還困難区域。松村さんの牛かな


a0318802_2203342.jpg

a0318802_2204310.jpg

今回のミッションは、住民の家に、まだ見つかっていない猫たちのための家を置いていくこと。使ってくれるといいのだけど。

a0318802_2205569.jpg

短い時間ですが、保護も試みます。捕獲器を全部で6台かけましたが、空振り。

a0318802_221666.jpg

給餌もします。帰還困難区域はなかなか来られないので、満タンにします。

a0318802_2211874.jpg

夜ノ森公園。子供たちが遊べる日が来るのでしょうか

a0318802_2221828.jpg

夜ノ森公園。今となっては意味のない町民憲章が書かれた看板の向こうには、大量の除染廃棄物が入った黒いフレコンバックの山

a0318802_222291.jpg

「中の世界」から見た国道6号線。この付近でボロボロの猫がいたらしいのですが、何度か見に行っても出てきてくれませんでした。

a0318802_2224139.jpg

中の世界から出てきて、捕獲器を洗います。大熊町へ行っていたシミズさんディアママさんも捕獲はできず。毎回、こうして消毒します。

a0318802_2225339.jpg

その後は帰還困難区域以外の、富岡町のポイントを回ります。ここはとある公園。これでもディアママさんとくろさんが草刈をして通れるようにしたそうです。



a0318802_223487.jpg

住民の方が「無事カエル」のはいつになる?

a0318802_224574.jpg

ディアママさんが住民の方に直接お願いしてフードを置かせてもらっているポイントも少なくありません。協力していただいいるので、どのポイントもきちんと掃除もしながら回っているので、けっこう時間がかかります。

 ディアママさん、富岡へは毎週1回は必ず給餌レスキューに回っています。もう2年以上になります。

9月13日のディアママさんの活動報告→
http://ameblo.jp/happycat-satuki/entry-11925553096.html

 現在は「福島被災動物レスキューRAIF」が彼女のサポートもしてくれているので、ぜひご協力、ご支援お願いします。


 今月末には「RAIF」の写真展も開催されます。私も28日(日)に万障繰り合わせていく予定です。


被災動物レスキューRAIF 写真展
2011.3~2014.9の記録

主 催:被災動物レスキューRAIF 神奈川支部
開催日:9月28日(日)~30日(火)
会 場: かながわ県民センター1階「展示場」
JR横浜駅・西口から徒歩5分
●入場無料
a0318802_2255457.jpg



*********************
ぽこさんのブログは、以下のリンク先からもご覧いただけます。
『ぽこ&けんいち通信』
福島被災動物レスキュー活動@富岡町(2014.9.13 )
http://blogs.yahoo.co.jp/pocoyuko2006/56434254.html

今度の日曜日は、ぽこ(POCO)さんに会いに、ぜひ横浜の写真展へお越しください!よろしくお願いいたします。


[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-09-24 23:35 | 活動報告

京都マルシェの「RAIFミニミニ写真展」ご報告♪

去る9月13日(土)(11:00~17:00)、京都市中京区の「二条駅」西口ロータリー BiVI二条店舗前で毎月第2・4土曜日に開催されている「二条駅かいわい土曜マルシェ」の一角をお借りして、RAIFミニミニ写真展をさせていただきました
  
  http://saturday-marche-nijyo.blog.jp/(二条マルシェのブログ)

▼RAIFのブース全景です♪
a0318802_1173213.jpg


▼こちらが開催用のポスター♪

a0318802_20452541.jpg


この写真展は、東日本大震災直後から被災動物の救済活動を続けてこられてきたPOCOさんが当時からずっと撮影された写真と、それらひとつひとつの解説文を合わせて展示したものです
スペースの関係上全ては展示することができなかったのですが、震災から3年半が過ぎた今でも多くの動物達が取り残されている現実と、懸命に「いのち」繋いでいる人達がいる。。という事に焦点を当てた写真をセレクトして展示させていただきました。

関西では、人の復興も含め震災の話題も少なくなっている事を実感する中、少しでも多くの方に見て欲しい、知って欲しい、との思いでしたが、当日は日差しはあって暑くはない絶好の秋日和。ちょうど3連休の初日で天候にも恵まれたおかげで、道行く大勢の方達に見ていただく事ができました。

a0318802_1182613.jpg


a0318802_1184636.jpg


黒福・玉三郎・ヤマ・シトリン・あんこの関西と三重にいる保護っ子たちの、里親募集の展示前には多くの方が足を留めて、そこから「何かな・・?」と思って展示を見てくださった方も多かったので、保護っ子たちにいっぱい助けてもらいました^^

▼里親募集の展示パネル
a0318802_1185949.jpg



熱心に見てくださっている方には国や行政の対応、被災者さんの苦悩、活動している人達の思いと継続の大変さ等、少しずつですがお話もさせていただく事もできましたが、殆どの方が「まだ、こうやって動物達が残っているんですか?」と驚いておられました。やはり、震災はどこか過去の事のように感じていた方が多いんだろうな、とあらためて痛感しました。

事前に知らせていた友人たちに混じって「Facebookのシェアを見て来ました」という全く知らない方も来てくださったのがとても嬉しかったです。
どこかで誰かが繋がっていてエールを送ってくださっている。。と思うと、自然と元気になれました。感謝とともに、一人でも多くの方が、被災地の事を忘れないで欲しいとあらためて願う写真展となりました。


友人からは
「小さなお子さんを連れたお母さんが真剣な表情でチラシを持って帰られたのが印象的でした。各家庭で子供たちの命の教育がなされるきっかけを作ってくれましたね」
「展示をみて、お話が聞けて勉強になりました。被災地の猫たちに穏やかな暮らしが訪れますように」
とのあたたかいメッセージが届いています。


今回のミニ写真展は、いつも力強く私達を応援してくださっている幸子さん&バンさんが、企画からチラシや看板の作成等の全てをバックアップしてくださいました。

会場が外なのでどう展示をすれば良いかと、他に写真展をされているところのレイアウトをいろいろ検索してくれたり、自らイーゼルも買って用意をしてくれたり、当日は「よう自転車で持って来はったね~」と思うくらいたくさんの展示用具や荷物を持って来てくれました。
とにかく風が強い日だったので、いかにして風に飛ばされないかを二人で試行錯誤しながら大わらわでしたが、それも楽しいヒトコマでした。


幸子さんからは、

「とら猫堂と福島被災動物レスキューRAIFさんの写真展無事終了!
応援に来てくださった方、Facebookのシェアで来てくださった方、たまたま通りがかって募金やお買い物をしてくださった方ありがとうございます!
福島出身の方が、京都でもこういうのやっているんですね。続けて下さい。とおっしゃっていました。
でかいニャンの看板も気持ち良く泳いでいました
との、メッセージが!

▼でかニャンの看板♪
a0318802_2059482.jpg


そのうえ、幸子さん主催のチャリティ「とら猫堂」さんから、当日販売されていたアクセサリー等の売上6,300円を全てRAIFにご寄付いただきました!

▼「とら猫堂」さんのチャリティグッズ販売
a0318802_1191429.jpg


置かせていただいた募金箱にも2,873円のご寄付があり、1日で9,173円のご支援をいただく事ができました。

a0318802_2114283.jpg


幸子さんとアクセを提供してくださった友人のYさん&Tさん、募金をしてくださった皆さま、本当にありがとうございました!保護っ子達の医療費等として、大切に大切に使わせていただきますね。

アコーディオンの生演奏で盛り上げてくれたゆっけちゃん(幸子さんが動物の曲をリクエスト♪♪)もお世話になりました!

▼ゆっけちゃん。ありがとうございました!
a0318802_1162347.jpg



RAIFの写真展は、今月末の28日(日)~30日(火)に開催される横浜写真展に続いていきます。

解説文は、貴重な資料でもありますし、震災後の福島を現実に目の前で見てこられたPOCOさんの思いが溢れていて全てが胸に迫ると思いますので、是非多くの方々にご覧いただきたいと心から願っております。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-09-21 21:30 | 活動報告

カテゴリ

全体
お知らせ
ご挨拶
活動報告
ご支援いただきました
収支報告
医療費報告
保護っ子情報
里親さま便り
本日のにゃんこ
未分類

ご支援のお願い

最新の記事

福島被災動物レスキュー RA..
at 2015-12-31 00:00
ブログ引越しのお知らせです
at 2015-03-12 23:00
4度目の3.11を迎えて
at 2015-03-11 07:00
3/14(土)と29(日)、..
at 2015-03-09 22:40
【本日のにゃんこ】義経とソフ..
at 2015-03-08 20:00

以前の記事

2015年 12月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月

画像一覧

その他のジャンル