「タラ」(仮名) 性別:♂ (2014.3保護)


by RAIF_Fukushima

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

外部リンク

アクセスカウンター

検索

カテゴリ:活動報告( 111 )

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ

今週末も保護できました!!麦わらキジ?1ニャン

この週末も給餌と保護に福島入りした、ディア・ママとシミズさんのチームにより、1ニャン保護することができました!!まだかなり年若いおんにゃの子です。どうやら妊娠している模様ですが・・・(;_:)

a0318802_18131693.jpg


今回もケビンの里親Sさまご夫妻にご協力をいただき、深夜お引き受けいただいて1泊し、動物病院へ搬送していただきました。Sさま、本当にありがとうございました!m(__)m

a0318802_1815383.jpg

a0318802_18155152.jpg


こちらはSさまにお引渡しの時の1枚。本当にオメメが大きくてかわいい子のようです~!
a0318802_18164246.jpg


まずは、取り急ぎのご報告でした。
仮名が決まり、検査結果が分かりましたら、改めてご報告させていただきます。m(__)m


◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-06-08 18:23 | 活動報告

RAIFミニパネル展 at <Wellcat OSAKA>さん譲渡会

5月18日(日)<WellCat OSAKA>さん主催の保護猫譲渡会が大阪市北区「天六スタジオ」で開催され、RAIFのミニパネル展を会場でぷちっと開催させて頂きました!

a0318802_1504382.jpg

▲清潔な室内で開催される「WellCat」さんの譲渡会♪
a0318802_1505643.jpg

▲先日のミニ写真展のパネルの一部を展示させていただきました!

当日は季節柄、子猫さんが大勢参加
a0318802_1511890.jpg

a0318802_1513055.jpg


その愛くるしい表情と動作で、新しい家族とのご縁をがっちり掴んだにゃんこ達も!


譲渡会にお越し頂いた猫好きの方々に、さりげなーくRAIFをアピール
熱心にファイリングされた写真と説明文を読んで下さる方々も(嬉)
a0318802_1515192.jpg

a0318802_152256.jpg


こうやって多くの方々に少しでも私達の活動を知って頂ければ・・


今回お世話になりました<Wellcat OSAKA>さんは、猫ボランティア・保護活動ブログ人気ランキング上位「まるの猫魂~ええかっこしぃの地域猫活動~」
http://plaza.rakuten.co.jp/nekodamashii/
Maruさん率いるボランティア団体さんです。


大阪で保護猫シェルターを持ち、多頭崩壊やセンター引き出し、ブリーダーリタイアの猫達など、80匹のお世話をされています。
特に、シニア猫やキャリア猫、負傷猫を優先的に引き取ってお世話されていて、その活動には私達も本当に頭が下がります。
http://marunekokai.blog.fc2.com/


RAIFではこれからも<Wellcat OSAKA>さんにご協力を頂き、譲渡会でのミニパネル展や、RAIF保護猫の譲渡会参加などの活動を行っていきます。


★次回の譲渡会&RAIFミニパネル展は、
6月29日(日)14:00~17:00

大阪市北区「天六スタジオ」(地下鉄天神橋筋6丁目駅11番出口から北へ徒歩3分)
・・・で開催されます。

関西の皆様、ぜひぜひお越しください!
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-05-27 20:00 | 活動報告

保護できました!!-キジトラ美少女さん!

昨日の被災地域給餌活動で、ディア・ママ1ニャン保護できたとの報告がありました!

今回は給餌困難になる予定のポイントで2台仕掛け、1台はダメでしたが、1台に入っていてくれました。
まだ若い女の子ですが、妊娠している模様です・・・。(;_:)

a0318802_1313362.jpg


グリーン・アイの美少女で、仮名は「あまちゃん」になりました~~☆☆

a0318802_1394341.jpg


今回は「くろまめちゃん」(現・ケビンくん)の里親さまであるSさまがディア・ママからいったんバトンタッチし、病院に連れて行っていただく流れになっています。Sさまから詳細のご連絡がありましたら、また報告させていただきます!

a0318802_1346290.jpg

a0318802_13461672.jpg

長距離輸送後、ディア・ママからSさまに引き継がれた「あまちゃん」。疲れたでしょうが、元気にしてくれていたようです・・・。(下の2枚の写真はSさまのfacebookより転載させていただきました)

これからの「あまちゃん」を、どうぞ支援くださいますよう、よろしくお願いいたします。m(__)m


◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-05-25 13:54 | 活動報告

【5月3日の活動報告】ディア・ママ編

ディア・ママ」がゴールデンウイーク中の5月3日に行った活動の報告記、『これが現実』を転載させていただきます!(途中に一部「閲覧注意」画像がありますので、ご注意ください。m(__)m)

◇◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◇


2011年3月11日、世界を震撼された東日本大震災が日本を襲いました。

あと数日で震災から3年と2か月です。(※RAIF注:この記事が書かれた5月7日現在)

しかし・・・

a0318802_1501733.jpg


津波で流された港はまだ手つかずのまま

a0318802_1525767.jpg



家屋も手を付けられないまま


a0318802_15408.jpg


お寺も

a0318802_1543226.jpg


商店も

a0318802_155266.jpg


養鶏所も

a0318802_1552120.jpg


学校も・・・あの3.11のまま。



除染作業が入り、一時帰宅される人も増えてきたように感じます。

しかし、津波の被害を受けたエリアでは、住民の方にお会いすることがありませんでした。
家屋の倒壊と放射能汚染をした自宅への帰還を諦めてしまったのか、本当にお会いすることが出来ませんでした。


私は、その津波被害のエリアにいる"あの子達"にも、給餌と保護を続けています。

今、給餌しているポイントは色々な意味で継続が微妙でした。
確実にそのエリアに"あの子達"がいるので、今後どうするか悩んでいました。

その想いが通じたのか・・・

今回そのエリアのポイントそばにあるお宅の方が一時帰宅をされていました。

この活動に理解をしてもらえない場合は、怒鳴られるかもと不安はありましたが、勇気を出してお声を掛けさせていただきました。

そして、その住民の方に事情を説明しご協力をお願いした結果


「ありがとうございます」
「(家中)どこでも好きなように使ってください」


と、住民の方からお礼のお言葉まで頂戴し、給餌など全ての協力内容を許諾してくださいました

これでこのエリアの"あの子達"の「」は、今後もつなぎとめることが可能となりました!
そのご協力者さまに、今回一緒に来てくれた「くろさん」と2人で何度も頭を下げてお礼をいたしました。



写真は撮れませんでしたが朝一から猫さんに会えて、新しい給餌ポイントが出来、なんだかとてもいい日になりそうだと思っていたのですが・・・

移動中に「イノブタさん」を見つけたので車を停めました。
車を降り「イノブタさん」を追跡しようとしましたが見失い車に戻った時に、目に飛び込んできた物体がありました。

(閲覧注意)
a0318802_1583643.jpg

猫さんの亡骸です。

a0318802_1591226.jpg



この子がいた場所近くには、他の方が給餌をちゃんと毎週してくれています。
この子は縄張り争いに負けた、もしくは病気または凍死だったのかも知れません。

せめてこんな姿になる前に見つけてあげれればと涙がでました。

a0318802_1595885.jpg


くろさん」がお墓を作ってくださいました。
この子が成仏できるようにと2人でお線香を焚き祈り見送りました。


今回は、知人の依頼である方のお宅に伺いました。

そのお宅のご近所にあった小屋を通ったところ・・・・

a0318802_15104215.jpg


鳥さんの亡骸が多数ありました。

この鳥さん達の最期は・・・可哀そうでなりません。


この地を訪れるたびに思います。
平凡に生きることがどれだけ難しく有難いかと。
生きることがどれだけ大変かと。


無人の町なのに

a0318802_15113788.jpg


鯉のぼりが、大空で泳いでいました。

東京と同じ空の下なのに・・・この地は、生きるには厳しいところです。



今回も皆さまから"あの子達"へと託していただきました「美味しいご飯」を届けて参りました。
a0318802_15121718.jpg



いつも温かいご支援をありがとうございます!

保護は出来ませんでしたが、給餌ポイント近くで数匹の猫さんに会えました!

現在、「給餌用フード」と「焼きカツオ」が大幅に不足しています。

今後も、給餌と保護を続けてまいりますので、引き続きご支援応援を宜しくお願いいたします



★★おまけ★★

楢葉のセブンイレブンで見かけた猫さんです。
今回は、この子だけ写真撮れました。

a0318802_15142017.jpg



いつも温かい応援とご支援をありがとうございます。
引き続き、"あの子達"の救出のためのご協力を宜しくお願いいたします。


◇◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◇
ディア・ママの記事は、以下のリンク先からもご覧ください!
『心はいつも一緒 ~福島の”あの子達”と共に~』


★RAIFでは毎回の給餌活動出動で、車1台につき、2.5kg入り程度のドライフードを200袋ほど、「焼きカツオ」を数十本使用しています。毎週最低1台から2~3台が出動しているため、常に給餌用フードが不足しています
どうぞ下記リンクをご覧の上、ご支援のほどお願い申し上げます。

http://raif.exblog.jp/

◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-05-24 23:54 | 活動報告

改めて、鎌倉ミニ写真展のご報告です!

ゴールデンウイーク中の5月4日から6日まで開催された、YUMIKO@鎌倉さん主催のミニ写真展『被災動物と命をあきらめない人間の3年間の記録』。経理処理も完了され、結果をご報告いただきましたので、改めて振り返って紹介させていただきます!(^^)/

ゴールデンウイーク半ばの鎌倉。搬入日の3日と初日4日は特に天候に恵まれ、町全体が驚くほどの人出でした!写真展会場は小町通りからの抜け道的な落ち着いた裏通りでしたが、特に初日には予想外の方々にご来場いただくことができました。ありがとうございました!!

逆に最終日は大?寒波で客足も多くはなかったようでしたが(^_^;)、その中で足を運んで下さった皆様に、心からお礼申し上げます。ネット繋がりだった方々の出会いの場ともなったりと、RAIFにとっても、とても意義あるイベントになりました。YUMIKOさん、ご来場のみなさま、本当にありがとうございました!m(__)m
a0318802_16252963.jpg

▲古都・鎌倉の玄関口・JR鎌倉駅。
a0318802_16325064.jpg

▲そして会場の最寄である、人気スポット「小町通り」。人の顔が多すぎて画像処理しきれなかったので上部だけを掲載しましたがf^_^;)、この下は、本当に驚くほど人波でいっぱいでした~

しかし会場となった「スペースやまご」さんは、小町通りから一歩入った小道に面し、小町の喧騒からは別世界のよう。こじんまりして品のよい貸しスペースで、入り口わきにはこのような展示スペースも。YUMIKOさんは、RAIFブログでもおなじみの写真をあしらっていました♪
a0318802_1644253.jpg



YUMIKO@鎌倉です。

5月4日(日)~6日(火)に鎌倉小町ミニ写真展にご来場くださいました皆様、写真展開催にご協力下さいました皆様、本当にありがとうございました。皆様のおかげで無事写真展を終えることができました。

今回の写真展はFBやブログ、ツイッターで知って来られた方が多く、被災地や被災動物のこと、保護活動について、じっくり話せる雰囲気でとても良かったです。私たちの活動は、このように心を寄せて下さる方々の支えがあって行えているのだと改めて感じることができました。


a0318802_1626429.jpg

▲写真を撮影された時の日時や状況説明のファイルを見ながら見学されています。
a0318802_16265582.jpg

▲これがそのファイルです。
開かれているこのページは、大震災後最初の春、無人となった富岡町の桜の名所「夜ノ森」の光景です。給餌ボランティア以外誰にも見られることのなく咲き誇る桜が写されています。(現在は立ち入りができるようになっています。)

a0318802_1628460.jpg

POCOさんやディア・ママのブログやFacebookでも掲載された写真の数々。現地に行ったものでなければ写せなかった、報道されていない被災地の光景がカメラによって切り取られています。
YUMIKOさんのチョイスで、大小のパネルにし展示しています。いくつかの写真は、きっと記憶されている方もいらっしゃると思います。

a0318802_16302026.jpg

▲こちらは、RAIFの保護っ子紹介スペース。それぞれの子の魅力や特徴をまとめた資料と、里親募集中の子などを一覧にしたチラシ。そして、ボードには可愛い肉球マーク付きのシールで写真をクリップされていました♪

a0318802_16442851.jpg

▲それぞれの写真に詩を添えて展示したコーナー(オレンジ色のボード)。ご支援者の方からお寄せいただいた詩を使わせていただきました。
a0318802_16315396.jpg

展示物の周囲に、ご協力者Yさんが提供してくださったチャリティ販売用猫グッズの数々も、あちこち置かせていただきました。こちらの写真は、ご購入者様第1号(たしか・・・)

a0318802_17193643.jpg

RAIFのご支援募集チラシと、今回の写真ご提供者のブログ紹介チラシ。左横のトートバッグは手作りグッズでご提供いただいたもので、知る人ぞ知る『犬の十戒』が英語でプリントされています。
周りの可愛い商品も、Yさん提供の猫グッズです。売り上げ分をご支援金としてご寄附いただきました。ありがとうございました。
a0318802_1630027.jpg

▲保護っ子を紹介するフォトフレーム。スライドショーにして流しました。
a0318802_16292887.jpg

▲チャリティ用にとご寄附いただいた手作りグッズも販売させていただきました。以前のNyanPeaceのチャリティでご寄附いただいたものと、今回新たにご支援いただいたものなど。どれもよく売れていました!ありがとうございました。

会場の外でも、横の駐車スペースを利用して猫グッズを販売したところ、グッズに惹かれて入ってくださる方も多かったです♪


会期中にはドイツ・ドキュメンタリー映画のインタビュー撮影やディア・ママさんの来訪があり、3日間とはいえ密度の濃い時間を過ごすことができました。

実際のディア・ママさんに会われた方は、きゃしゃな姿に驚かれたのではないでしょうか?そして、熱く語る彼女の言葉に、動物達への深い愛情を感じることができたのではないかと思います。

a0318802_15515592.jpg

▲警戒区域再編や国有化問題について、ドイツの映画監督に説明するディア・ママさん
a0318802_12531317.jpg


福島第一原発30km圏内との認識があり、現在の状況については知っていらっしゃらない様子でした。

a0318802_16464585.jpg

▲展示パネルの一部。これは2011年当時の写真を中心に掲載しています。(ピンボケすみません・・)まだワンコさんも随分多くいた頃で、生と死のコントラストが見る私たちに強烈なインパクトを与えます....。

a0318802_1648212.jpg

▲ディア・ママたちレスキューチームが、1か所の給餌ポイントで使用するフードの量がこれくらい、という展示です。これを1か所として1日30~50か所回り、給餌と保護を続けています。途中で補給できる場所がないケースがほとんどなので、全ポイントに給餌しきれるよう大目にフードを積んで回っています。


被災地に置き去りにされた命、待ち続ける命、忘れられた命・・・どのような言葉で表現するか、どのように感じるのかは人それぞれだと思います。私たちの活動で救える命はごくわずかです。

私たちは特別な人間でもないし、権力も財力もない、ただの一般人です。今までも、これからも、できることを精一杯やっていくだけです。
どうぞ、これからも、私たちの活動にご理解とご協力をよろしくお願い致します。


◇◆◇

最後に、今回の写真展で皆さまにお買い上げ頂いた品物の利益20,382円と寄付金57,187円の合計77,569円をRAIFに寄付させて頂いただきました。
ありがとうございました。


YUMIKO@鎌倉
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-05-22 23:45 | 活動報告

【5月15日の活動報告】葛尾村給餌

葛尾村で保護した銀次をフォスターホーム(一時預かり)として迎えていただいてるTさんと給餌に向かいました。

まずは自警団の詰め所へ
a0318802_1795317.jpg
床下でご飯待ちのキジトラくん。
a0318802_17244249.jpg
詰め所の壁には全国から来られた警察の寄せ書きと各県警のキャラクターがいっぱい。ピーポ君も。


その特別警備隊本部へ
a0318802_1733932.jpg
いつものミケ。個人、団体の支援でフードもあり、おまわりさんに可愛がられています。


a0318802_17421031.jpg放浪犬ポイント
a0318802_17424988.jpg
a0318802_17424047.jpg
このうち2匹は飼い犬で、2匹は放浪犬でここに居ついています。家主さんも頻繁に帰られてるとのことで、自然の中での放し飼い。ある意味、幸せなのか。


a0318802_17571624.jpg
Nさん宅、お留守番のキジ白君。相変わらず鼻がグズグズでしたが、持参したウエットフードを元気にたいらげる。やっとシャーと威嚇されなくなった。(^_^)v


銀次・黒福を保護したポイントへ  保護した時の記事はこちら
いつもは庭先に、にゃんずがくつろいでいるのだが、除染の資材が広げられていて猫が少ない。
a0318802_187782.jpg
黒猫2匹のみでした。黒福の兄弟かな。


納屋に繋がれていた犬のM君がいたポイント
a0318802_1813086.jpg
M君は里親さんがついていなくなったのですが、代わりにこの子がいました。かなりの美形。。


途中休憩。
a0318802_18201872.jpg
いただいた人間用支援物資m(__)m 元気出ます。ありがとうございました。


a0318802_19404637.jpg
いつも元気な黒ラブくん。ぴょんぴょん跳ねて柵を超えそう。。


川沿いのポイントへ
a0318802_19431317.jpg
イケメン茶トラが出迎えてくれます。
a0318802_1946854.jpg
手前の茶猫、妊娠しているかな?と思ったら、太ったオスという説を後から聞いた。ちら見ではタマタマは無かったような。。


a0318802_21342545.jpg
この一年で激増した除染袋。

a0318802_21352498.jpg
道路に接した斜面は表面の草・土砂を削って除染する。露出した斜面に雨が降れば、土が流れる。 地盤を失った林が崩れないかと素人ながら心配してしまう。



一通り給餌を終えて、再び自警団詰め所に寄る。
自警団の隊長Mさん自らコーヒーをいれていたき、しばしお話を伺う。
4月から隣の都路地区は避難指示解除となり自宅での宿泊が可能になった。
葛尾村も除染を進め、来春に住民の帰村を目指すが、この避難指示解除は20ミリシーベルト/h以下を基準に行われるとのこと。
国が基準と決めた1ミリシーベル/hを超える。

Mさんの予想では帰村する住民は3割、それも高齢者。子供を抱えた世帯は戻らないだろうと。 帰村した高齢者は近い将来、病院に通うことが必要になる。が、村には大きな病院はない。
せっかく、村に戻ったのにまた村を出ることになる。
Mさんが最後に言葉にした ”村の消滅” という言葉が頭から離れない。


-----
くろ

一緒に給餌していただいたTさんのブログはこちら



◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-05-21 20:00 | 活動報告

【4月26日の活動報告】ディア・ママ編

RAIFの仲間・ディア・ママは、先週末も先々週末も給餌を続けておりました。本日は、少し前ですが、4月26日の活動報告「閉鎖された道の先にある恐怖と悲しみ」を転載させていただきます!


◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇


毎週通っているエリアにある「汚染物資の山」。

a0318802_231171.jpg

▲これだけ汚染物資があるとかなりの線量になっています。
見えない放射能に対し、恐怖はありますが・・・感覚が麻痺してきました。


今回は、「シミズさん」と一緒に約一か月ぶりに閉鎖予定地や中の世界に入れました。
(入れない間は、他の方が給餌をしてくれています)

中の世界は・・・今まで使っていた道は閉鎖されていました。

どこもかしこもゲートが出来てしまい、今までのように入れなくなってしまっていました。


今まで使っていた道が閉鎖されしまっと聞いていたので、そのポイントに行ける他の道を前もって「Mさん」に教えてもらっていました。

それ以外のポイントもスムーズに行けるよう、行く前までに地図を見て勉強していきました。

a0318802_2312011.jpg



でも6号の検問を通過するころから、万が一ポイントに辿り着けなかったらどうしようかと・・・

緊張MAX状態になってしまいました。

「落ち着いて! ゆっくり呼吸して!!」と、「シミズさん」に言われるほど緊張していました。

そんな事もあり、全てのポイントに辿り着けた時には、ドッと疲れが出て廃人化していました。


今回も閉鎖予定エリアに捕獲器を掛けました。

しかし、たった3時間しかなかったので、やはり保護は出来ませんでした。

今後も完全閉鎖される日まで、諦めず毎回保護を試みます。



中の世界は、いつでも行けるポイントではないので、行ける時はフルに給餌します。

a0318802_23123774.jpg

▲これがここのポイントに給餌した量です。


色々な味を楽しんで欲しいから

a0318802_23125574.jpg

▲ここのポイントは、あの「くまっしー」も食べに来ていたポイントです。


皆さまがチョイスして下さったいろんな種類の「美味しいご飯」を給餌しています。

どのご飯もみんな大好きです!

"あの子達"の命は、皆さまの愛情のこもった「美味しいご飯」で守られています!!

今回も沢山の「美味しいご飯」を届けさせていただきました!!!

a0318802_23142440.jpg


いつも温かいご支援をありがとうございます!!!

*4/26現在、給餌用フードと焼きカツオのストックがあと1回分もない状態となってしまいました。
いつもお願いばかりで心苦しいのでずか、給餌用フードと焼きカツオのご支援を宜しくお願いいたします



今回は、初めて福島原発近くの海に行きました。

高台にある建物が見えたので向かったところ・・・

a0318802_23154559.jpg


その道の先にあるはずの橋がない。


他の道を使い海側に回ると、そこには、地震と津波で倒壊した建物たちがありました。

a0318802_231623.jpg


太い鉄骨も飴細工のように曲がり、コンクリートも砕けている建物。

a0318802_2316282.jpg


ここで働いていた人たちは無事だったのか・・・

a0318802_23165772.jpg




この海が一瞬にして全てを呑み込んで

a0318802_23172294.jpg


この原発がこの町を汚染し

a0318802_23173732.jpg

▲右上に福島第一原発が見えます。

無人となってしまいました。

あれから3年が過ぎたと言うのに、ここは時間が止まったままです。

ここは福島原発付近の閉鎖予定地ですから、今後もこのままだと思います。



人の気配が消え、誰にも見てはもらえぬ花々。

a0318802_23175884.jpg

▲梨の花が満開でした。

a0318802_23181743.jpg

a0318802_23183068.jpg


▲見事な桜吹雪でした。



いつもなら全てのポイントに給餌を終えたら、再度幾つかのポイントを回り"あの子達"の生態調査などをしていますが、今回は出来ませんでした。

どうしても行かなくてはならない処があったので・・・

そのことについては、後日ご報告をさせていただきます。


皆さま、いつも温かい応援とご支援をありがとうございます。
引き続き、"あの子達"の救出のためのご協力を宜しくお願いいたします。


◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇

ディア・ママのブログ記事は、以下のリンク先でもご覧いただけます。
『心はいつも一緒 ~福島の”あの子達”と共に~』


◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-05-15 23:38 | 活動報告

【4月24日の活動報告】ぽこさん編

当ブログでは、このところ保護っ子の記事やイベント紹介などが続き、レスキューメンバーや支援するボランティアさんの給餌活動のご報告がなかなかできないでいました。m(__)m 現在そうした方々のほとんどがご自分でもブログを書かれて、じゅうぶん拡散もされているということも一因でした。

しかし、給餌や保護活動自体は、ずっと毎週末欠かさず継続して行われています
ご支援を募ってお送りいただいた貴重なフードをきちんと本来の目的で使わせていただいていることをもっとご報告しなければいけませんでした。m(_ _)m 申し訳ありません。

ということで、原則ほぼ転載となりますが、RAIFブログでもまた、サポートするメンバーやスタッフなどによる活動記事を、少しづつ掲載させていただきます!m(_ _)m

以下、ぽこさんのブログより給餌活動報告の転載です
どうぞご覧ください!!(^ー^)ノ

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇


春爛漫。本日も晴天なり。
 昨日に続き、桜を見にツーリングに行きたいところですが、信頼しているペットレスキューボランティアの「みやさん」が、保護猫(70匹以上!)の病院通いもあり、今週は福島まで給餌に来られないとのことで、行ってきました。

 平日の活動なので、仕方なく、相棒はけんいちです。
(※RAIF編集注:けんいちさんは、ぽこさんのご主人です。^^)
 平日に動ける方、ぜひぜひご協力を。

 さて、今回のミッションはN町中心です。放射線量の高い津島地区(帰還困難区域)を通ってアクセスします。備忘録なので簡単にいきます。


a0318802_22123777.jpg

▲津島地区の入り口。今でもこんな線量ですが、この先はもっとすごかった。
a0318802_22125783.jpg

▲津島地区は山間にあって標高も高いので、桜はこれからが見ごろです。一般の方は観に来ることはできませんが…

a0318802_22131899.jpg

▲とある給餌ポイントにて

a0318802_22134598.jpg

▲カメラマンO氏が考案・政策した「エサ台」。N町に点在しています。

a0318802_221494.jpg

▲中はカラッポだったので補充しておきました。他にも2ケ所、同様に補充

a0318802_22143516.jpg

▲N町には梨畑がたくさんあり、今が花の見ごろ。でも、摘花や摘果など人間が亭入れしないと実が大きくならない

a0318802_2215441.jpg

▲海から10㎞近く離れている地点で、カラスがこれを食べていました。なぜ? 川の貝でもこんなに大きくなるの?

a0318802_22153872.jpg

▲脳天割れてる。コワイ…

a0318802_22155843.jpg

▲除染が進むN町の避難指示解除準備区域。現在は家屋を除染、その後の植栽関係を別な業者が行い、庭の表土をはがして新しい土を敷くそうです

a0318802_22161767.jpg

N町の市街地にあるモニタリングポストと比較してみると…。どちらが正しいの?

a0318802_22163213.jpg

▲山間部の線量。車の中でもこのくらい

a0318802_22165066.jpg

▲F町の惨状。震災直後から時が止まっています

a0318802_2217759.jpg

▲とあるガソリンスタンド

a0318802_22172185.jpg

▲とある給餌ポイントで疥癬の狸が死んでいました。なぜ狸だけ疥癬がひどいのでしょう? 猫もときどき見かけますが疥癬にはなっていません

a0318802_22173718.jpg

▲たくさんの種類の標語が書かれた幟と除染廃棄ブツのヤマ

a0318802_2218742.jpg

▲山木屋地区。国道459号沿いには除染の基地と業者の宿舎が点在。奥に見えるのは除染で出た廃棄物を入れた黒い袋。行くたびに増えていて異様な光景。福島県民の私には見慣れた風景ですが、県外から来ると「やっぱり、福島は…」と思われそう

ということで、40ヶ所のポイントすべてに給餌できました。
今回は、「被災動物レスキューRAIF」さんからご支援いただいたフードと、東京のペットボランティアMさんからの支援金で購入させていただきました。ありがとうございます。

◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇

久しぶりのPOCOさんの記事でした!
RAIFにご支援いただいたフードがこのように給餌に使われているということをお伝えするため、これからもまた、折々にご紹介させていただきます。(^ ^)

ぽこさんのブログ記事
『ぽこ&けんいち通信』[福島原発被災地での給餌活動(2014.4.24.)]


◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-05-14 23:00 | 活動報告

「品川運河祭り」にフリマで参加しました!

4月12日(土)と13日(日)に開かれた『品川運河祭り』
東京お台場の、フジテレビのビル前の広場で行われたイベントですが、フリーマーケットのスペースが広く取られていて、RAIFとして今回初めて、フリマ店舗で参加してみました!イベント班Yさん、企画ありがとうです〜!

で・・・。記事にするのがいつも遅くなって本当にすみません!m(__)m いまさらですが、その時のご報告をさせていただきます。^ ^


フリマ1日目...

朝から快晴で、人出も多く、特に家族連れの方が多かったでしょうか?
場所柄、昔からの住民の方と湾岸エリアにできた高層マンションの方がいらっしゃったようです。

朝の会場脇の公園では、わんちゃんを散歩させている方をたくさん見かけましたので、ペットを飼われている人も多いと思います。フリマ中も他団体から福島の猫を引き取られたという方がいらっしゃいました。それでも、里親募集のチラシは持って行って下さったので、どこかでご縁が繫がると良いなぁと思います。

里親募集のチラシは「かわいい」と好評でした。しながわ運河まつり実行委員会様のご厚意により、運営本部にも置かせて頂きましたが、1日目のチラシはお昼すぎの早い時間になくなってしまっていました。

お祭りなので、子供だけで来ている子も多く、お小遣いが足りなくなり・・・フリマ商品を値切られる事態にも陥りましたが、親子連れの方にまずまずの値段でお売りできました。(ごめんね、こどもたち)
猫グッズは女性、子供に、日用品は女性に、スポーツメーカーのバッグ類は男性に好評でした。

a0318802_21561138.jpg

a0318802_17363197.jpg

▲向かって右側が主に日用品や手作りグッズ、左側が猫グッズ多数です♪

夜には花火もあがり、フリマ班も終了時前にお店をたたみ、皆で一杯飲みながら花火を楽しみました。(もちろん全額自腹です^ ^)


2日目は日差しがやや弱まり、穏やかで気持ちがいい一日になりました。^ ^

人出は前日よりは多くなく、里親募集やご支援願いのチラシは、残念ながら昨日ほどはけなかったのですが、店舗(?)の方は階段を上ってきてすぐというロケーションの良さもあり、お子さまや女性の方がコンスタントに覗いてくださいました。

持って帰りたくない重い陶器類を値下げして売り切ったり(提供者ご自身が売り子の一人で、ご自分で値付け~^ ^)、、。15時の閉店まで、がんばって売りました!


ところで、フリマで販売した商品は大きくわけて2種類ありました。

ひとつは、昨年秋の「NyanPeace(ニャンピース)」さまのチャリティのときに多くの方からご寄附いただいた物や、今回フリマをするということで改めてご提供いただいた商品などなど。お送りいただいた手作りグッズなども販売させていただきました。(*^_^*) 温かいご支援、本当にありがとうございます!

もうひとつは、RAIF以前からのお付き合いのYさん・・・イベント班リーダーYとは別人ですが、チャリティ販売用の猫グッズをご自分で用意され、今回の販売用に提供してくださいました!
その超可愛い猫グッズが店頭に並んだため人目を引き、お客様の足を止めることができました。Yさん、不調も押して来てくださって、ほんとにありがとうございますっ!

a0318802_1737750.jpg

▲しゃがみこんで可愛い猫グッズを吟味される女子、多数...。
左手前の大きな陶器の招き猫さんは、そのYさん持ち込みの「募金箱」です♪ これのミニ版貯金箱は絵柄も豊富で、個人的にツボでした。

a0318802_21582963.jpg

▲写真手前のスーツケースの中がスポーツバッグいっぱい。完全未使用品が格安でこれも人気でした♪ 場所も階段を上がってすぐの良いロケーションです♪


なお、フリマの収支は、つぎのような結果でした。

総売り上げ ¥47,275
総支出   ¥27,483
   商品原価代金支払 ¥21,983(Yさん猫グッズ代など)
   駐車場代金  ¥1,500
   フリーマーケット出店料金 ¥4000(1日¥2,000×2日)
純売り上げ ¥19,792

これにフリマ班Yさんがご寄附を乗せてくださり、2万円ちょうどをフリマ売上としてRAIFの口座にご支援金としてお送りいただきました。

全額、福島の被災猫たちの給餌用フード代や保護活動費、保護猫の医療費など、被災動物のために大切に使わせていただきます。


今回の参加者は、企画&店長を勤めて下さったYさん、当日販売や設営、物品搬入などでご協力いただきましたMさんとKさん・猫グッズのYさん、FHもしていただいているTさんとSさん、そして物品も多数お持ちいただいたSSさん・JKさん、ブログ記事も書いてくださるMさん、そして私Oの計10名。皆さん本当にお疲れさまでした!また、ありがとうございました!当日顔を出してくださったNさんも、ほんとにありがとうございま~す!LOVE☆

これまでに貴重な商品をご寄附いただいた皆さま、きれいな手作りグッズをコツコツと作ってくださり、ご提供いただいた皆さまに、改めてお礼申し上げます。m(__)m

次回・・・は、いつになるかまったく不明ですが・・・・、ぜひお越しくださいませ~☆


◆いつも応援とご支援をありがとうございます◆
ただ今、RAIFで必要としている「不足物資と送付先」と「支援金お振込先」については、こちらを覧下さい。
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-04-23 22:20 | 活動報告

【3月21日の活動報告】ディア・ママ編-届きそうで届かない「命」

RAIFがサポートする「ディア・ママ」の、3月21日()の保護活動のレポートを転載させていただきます!昨日お伝えした「タラ」ちゃん保護の状況が詳しく書かれています。

          ***************

今回は、今年初めて「シミズさん」が活動に参加してくれました。

確か前回参加してくれたのは、昨年最後の活動だった12月28日。
その日にMさんのお蔭で保護できた茶白のカイ君」をお持ち帰りしてくれて以来です。

●12月28日の活動報告はコチラをご覧ください。
  ↓
http://ameblo.jp/happycat-satuki/entry-11740280961.html

シミズさん」は、福島原発の30キロ圏内に取り残された"あの子達"の身を案じて、某団体に属していた頃から保護っ子のお世話支援、そして給餌保護とあらゆる面で一緒に活動してきた大切な同志です。
今年に入ってなかなか都合が合わず一緒に活動できずにいましたが、帰還困難区域の一部のエリアが閉鎖されることに胸を痛め、なんとか都合をつけて今回参加してくれました。


シミズさん」とずっと一緒に守ってきた、"あの子達"の「命」


もし、閉鎖されてしまうのならば、最後は一緒に救い出してあげたい。

そんな想いで二人福島へ向かいました。



いつものように早朝から給餌を開始しました。

数か所目のポイントで猫さんに会いました。


細身の中猫の黒猫さんです。


ここは、今後、給餌継続が微妙なポイントなので、その子を保護することにしました。

捕獲器を2台設置しその場を去ろうとした時です 「ガサッ!」 と物音が・・・


その音の主は「イノブタさん」。


普段はイノブタさんも大好きなシミズさん」も、この時ばかりは木の枝を持ち「イノブタさんを追い払っていました

その後は、中に入る時間になるまで黙々と給餌を続けました。



中に入る時間となったので、まずは閉鎖予定地区へ直行。

久しぶりにその地に来た「シミズさん」が驚いていました。

そのポイントの家屋の倒壊が進んでいたからです。

他の人にも言われますが、その家の倒壊は勢いが増しています。

いつ全壊になるか分からないから立ち入らない方が良いと言われますが・・・

猫さんが待っているから行かないわけにいきません

a0318802_22295093.jpg

a0318802_2230087.jpg



少なくともこの2匹は、ここの「ご飯」を食べて「命」を繋いでいるのだから



保護するまで通い続けます。

閉鎖されるまで通い続けます。

最後の最後まで諦めません。

私、「命」に関しては、あきらめが悪いタチなんです。



二人で手分けして捕獲器を5台かけました。

a0318802_22302597.jpg

「さあ、ここに入って」
「頑張って生きてきたんだから、ここから脱出して幸せになろう! 」



捕獲器を設置してあとはすぐにその場を立ち去りました。

無人の町ですからただでさえ静かなわけですから、私達人間の気配がするだけで猫さんは警戒してしまいます。

捕獲器をかけたら回収まで絶対にその場に近寄らないのは鉄則ですから、速攻立ち去りました。


その後は、帰還困難区域内の給餌をしました。


時間になり捕獲器を確認しに行くと・・・

「ネズミさん」が入っている捕獲器が1台で、あとは何も入ってくれず。



そうしてあと少しで外に出なくてはならない時間に差し掛かったころです。

パラパラと雪が降ってきました。

すぐに止むだろうと思っていましたが・・・吹雪になってしまいました。

先月は大雪で帰還困難区域への立ち入りが2回ほど中止になったことがあったので、今回何かあってはいけないと思い住民様に、「この雪は大丈夫か?」「明日の立ち入り中止はないか?」などと電話をかけてしまいました。

もし、立入中止なんかになってしまったら、明日の捕獲器の回収がダメになってしまうから心配になってしまったので。

「この季節の雪は積もらないから大丈夫よ!」

そう言われ安心はしましたが、防寒のためのフリースなど多めにするなどし猫さんが寒くないように工夫をし捕獲器を4台ほど置いて、明日のMさんに想いを託しその場を後にしました


実はMさん、お仕事や保護っ子さんが体調を崩したりと、本来は福島に行けるような状態ではなかったんです。

なのに・・・閉鎖予定地の子達を助けてあげよう!

って、無理をして今回捕獲器の回収をしてくださいました。

「誰が」でなく、ただ純粋に"あの子達"を、助けたい。

その想いが、この活動を支えているんだと改めて感じました。

Mさん、今回もありがとうございました!!!



閉鎖予定地の保護は出来ませんでしたが、給餌継続が微妙なポイントの捕獲器には猫さんが入ってくれていました。

a0318802_22312277.jpg


朝、目撃した猫さんとは違う子です。

綺麗な黒トラさんです。

この子は・・・以前数回目撃している子で、いつか保護してあげたいと願っていた子でした!

a0318802_22313796.jpg



やっと、君を保護出来たね。

待たせちゃって、ごめんね。

温かい寝床に、美味しいご飯に、心地よい愛情が、あなたを待っているから。

さあ、東京に一緒に帰ろう!


●仮名「タラちゃん」  ♂  2歳前後 
a0318802_2232187.jpg

a0318802_2232129.jpg

a0318802_22322384.jpg



白血病は陽性、エイズは陰性。
綺麗な「黒トラ」で、瞳は「シャンパンゴールド」。
尻尾は、長くて真っ直ぐ。
とてもバランスが取れた体型で、毛艶が良く、健康体。
大柄な体型の子は、基本、おっとり系の猫さんが多いので、「タラちゃんもおっとり系だと思います
緊張して固まっているせいかも知れませんが、保護後、ナデナデさせてくれました♪
タラちゃん」は、震災後生まれだと思われますので、「里親様」を募らせていただくかと思います。



無人の町で頑張って生きてきた「ゴージャス黒トラ」の「タラちゃん」に運命を感じた方は、「福島被災動物レスキューRAI F まで、お問い合わせをください!!

・お問い合わせ先 raif.fukushima@gmail.com
↑セキュリティのためリンクを貼っていませんので、メールの宛先にコピペしてお使いください。

また、「里親」にはなれないけど「お預かりだったらOKって方がいらっしゃいましたら、RAI F までご連絡をお願いいたします!!

・「フォスターホーム(保護っ子預かりボランティア)」について
http://raif.exblog.jp/19138172/


今回は、閉鎖予定地区の子の保護は出来ませんでした。
届きそうなのに届かない「その命」。
どうしたら救い出せるのか、悩み涙する毎日を過ごしています。

実際、いつ閉鎖されるのか?
予定地区の住民様などに確認しておりますが、まだ行政からはしっかりした回答がないそうです。
ただ、今までの経緯からして、ある日突然と言うことはありえます。
4月まであとわずかではありますが、まだ私は諦めていません。
最後の最後まで諦めませんので、皆さまも、無事に保護が出来るよう祈ってください。
また、閉鎖日が延期もしくは廃止されるよう祈ってください。
宜しくお願いいたします。


今回も、私達に託していただきました「美味しいご飯」と「オヤツ」と給餌日だけの「ご馳走(ウェットフード)」を、皆さまに代わって"あの子達"に無事に届けてまいりました

a0318802_22331450.jpg


これからも力の続く限り、皆さまの「温かい想い」と「美味しいご飯」を、福島の"あの子達"のもとに届けてまいります。

皆さま、いつも温かい応援とご支援をありがとうございます。

引き続き、"あの子達"の救出のためのご協力を宜しくお願いいたします


***************

「ディア・ママ」のブログは、以下のリンク先からもご覧いただけます。
『心はいつも一緒 ~福島の”あの子達”と共に』
[PR]
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
by RAIF_Fukushima | 2014-04-01 22:00 | 活動報告